タモの角型ちゃぶ台

当工房では昔ながらのちゃぶ台を商品化すべく、伝統的な脚のたたみ方を考察し、試作をかさねました。

そして完成したのがこのちゃぶ台です。

材料には程良い重厚感と木目の美しさを兼ね備えたタモを使用し、このちゃぶ台には飴色に近い茶系の着色を施しています。
和室はもちろん、フローリングのお部屋でもセンターテーブルとして木の温もりをしっかり味わっていただける出来に仕上がったと思います。

脚の折り方は、脚2本毎に上部の木製ボタンを押し込みながら畳むだけです。
ちゃぶ台脚の部分

伝統的なちゃぶ台のたたみ方にはいくつかありますが、このタイプは製作に手間と精度が要求されるためかあまり、普及してこなかったと思われます。
 しかし長期的にみると脚の出し入れがしやすい事や横揺れが悪化するのを抑えることができ、尚かつメンテナンス(修理、修復)がしやすい利点がありますので是非とも末永くご使用頂きたく思います。

※このちゃぶ台について当工房ブログ記事はこちら

サイズ(弌:W870×D570×H300(畳み時80)

材料: タモの無垢材

塗装: 赤茶系着色後、植物性オイル(クリア)

重量: 12kg(無垢材ですので個体差が大きいです。おおよそのご参考程度に                      
            お考え下さい。)
梱包サイズ: 160サイズ

※当工房では資材削減のため、簡易梱包とさせて頂きますのでご了承願います。

※サイズ違いなどのオーダーにもご対応できますのでその場合はこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。
販売価格
66,000円(内税)
購入数